新着情報

屋外に防犯カメラ・監視カメラ設置について

2017.02.19

屋外に設置する際の注意点

悪天候でのカメラの故障を防ぐため、耐環境性に優れたものを選ぶ必要があります。屋根がない場所に設置する際は、防水・防塵の国際規格を取得しているカメラを設置する、もしくはハウジングケースをつけるなどすると故障の可能性も少なくなります。季節や地域によっても気温差があるため、極度な高温や低温にも耐えられるカメラであると良いでしょう。

夜間撮影する場合は、通常のカメラでは撮影できないため、、赤外線LEDカメラや超高感度式カメラを設置しましょう。

また、ステンレス製やコーティング加工などでサビに強いかということや、広角・望遠レンズやズームの倍率などもチェックしておくこともポイントです。

 

屋外に設置する際に必要なもの

バレット型(筒型)→バレットとは「銃弾」を指す英語です。このタイプのカメラは野外設置を想定し、堅くて丈夫に作られています。防水仕様になっていたり、夜間撮影機能が備えられています。

 

温度制御・コントロール→夏場にカメラの温度上昇を防ぐために放熱用ファンを搭載していたり、冬場の凍結防止やカメラレンズの曇り止めのためにヒーターが搭載してあります。気温-50℃~+55℃まで対応しているものもあります。

 

ハウジングケース→防水仕様になっていないカメラの上部に、覆いかぶさるようにつけるケースです。雨や埃、温度からカメラを守ります。カメラ自体がハウジング一体型になっているものもあり、家や店舗の外壁などにそのまま設置できます。

 

サンシールド構造→直射日光の影響を受けずに録画できます。温度上昇を抑えたり、降雨時にはレンズを水滴から守る効果もあります。

 

東京都    
足立区; 荒川区; 板橋区; 江戸川区; 大田区; 葛飾区; 北区; 江東区; 品川区; 渋谷区; 新宿区; 杉並区; 墨田区; 世田谷区; 台東区; 中央区; 千代田区; 豊島区 ; 中野区; 練馬区; 文京区; 港区; 目黒区    
     
     
神奈川県    
 横浜市、川崎市    
 鎌倉市、藤沢市、茅ヶ崎市、大和市、海老名市、座間市、綾瀬市、寒川町
 横須賀市、逗子市、三浦市、葉山町    
 相模原市    
 秦野市、厚木市、伊勢原市、愛川町、清川村    
 南足柄市、中井町、大井町、松田町、山北町、開成町  
 平塚市、大磯町、二宮町、小田原市、箱根町、真鶴町、湯河原町
メールでのお問い合わせ
PAGETOP